自己紹介

こんにちは、花(はな)です。

数あるブログの中から私の「防災女性ブログ」をご覧いただきありがとうございます。

わたくし花は東京で一人暮らしをしています。

趣味は散歩やカフェでぼーっとすること、成城石井あたりでおいしいものを見つけて家でゆるゆるのんびりとした時間を過ごすのが大好きです。

そんな花が運営するこのブログでは

・地震や台風への備え
・災害時の生活の備え
・一人暮らしの女性の視点で考えた防災

など、自分なりに調べたことなどをご紹介しております。

のんびり屋でもともとそういったことには無頓着だった私がなぜ防災についてブログを書くようになったのか、ここでは管理人であるわたくし花の自己紹介をさせていただきますね。

面倒くさがりやで防災は人任せだったあの頃

私は東京生まれ、東京育ちで、子どもの頃から「関東大震災はいつきてもおかしくない」と言う言葉を何度も耳にしていました。

日本のどこかで災害が起こったり、9月1日の防災の日のテレビのニュースを見ては「あんな大地震がきたらどうしよう・・・怖すぎる!!」と子供心にいつも思っていました。

が、それで防災意識が芽生えたかというとそうでもなく。

根っからのんびりしている性格と、実家では父が備蓄やらなんやらとせっせと揃えていたこともあって、自分で何かしようという気はおきませんでした。

大学生から一人暮らしをはじめましたが、学生の一人暮らしは楽しさに目がいくばかりで、やっぱり地震や台風に備えるということはありませんでした。

そんな私でもさすがに東日本大震災には衝撃を受けました。

ただ、その時私は仕事の関係で北海道の札幌に住んでいて、幸いなことに札幌は地震で揺れることもなくなんの被害もなかったんですよ。

テレビをつければとんでもないことが起こっているのはわかるし、東京にいた家族からも「ついに関東大震災がきたかと思った!」とか「電車が動かないから3時間かけて歩いて帰った」とか、大変だったという話をたくさん聞きました。

でも、私の中にはやっぱりまだ実感がわかなかったんですよね。

なので東北の大地震が起こってから半年くらいは危機感を持っていたのですが、その後、世の中が落ち着いていくにつれて私の防災への意識も薄らいでいきました。

はじめて台風を怖いと思った日のこと

その後、東京に戻り一人暮らしをしていたのですが、これといって防災や備蓄などはせずに過ごしていました。

でも、ゲリラ豪雨とか河川の氾濫とか日本では毎年何かしらの自然災害が起こっているし、年々災害の規模が大きくなっているような・・・と薄々感じていたある日、あの台風がやってきました。

2019年の10月、それまでにない大型で猛烈な強さの台風19号が関東を直撃するコースでやってきたのです。

東京では計画運休で在来線が止まり、テレビのニュースでも「最大級の警戒が必要」としきりに言っています。

さすがの私も「こ、これは大変かもしれない・・・!?」と思い、天気が悪くなる前に数日過ごせるぐらいの食料を買い込み、当時在宅ワークだったため当日は家で過ごせるように準備。

でも、台風が来るまでにそれほど時間がなく、それ以上の防災の準備は何もできませんでした。

そうこうしているうちに雨がどんどん強まっていき、風がビュービュー吹き荒れて建物が揺れる!

外の様子が気になるものの、今にも物が飛んできて窓ガラスが割れるんじゃないか!?という雰囲気。

でもガラスの飛散防止対策なんて何もしていないので、とにかくカーテンを閉めて窓から離れて過ごすことに・・・

スマホから今まで聞いたことのない音がして災害注意や避難の情報がばんばん届きます。

屋外に設置されたスピーカーからも区の防災放送が流れている。

でも雨風が強すぎて何を言ってるか全然わからない、防災放送ってこんなに聞こえずらいんだってはじめて知りました。

そして極め付きは私の人生の中ではじめて、近所の小学校に避難所が開設されるという状況になったこと。

これまでずっと「私は災害とは無縁」とどこか他人事のように思っていたけれど、はじめて「いま私は自然災害の真っ只中にいるんだ」と実感しました。

自分で備えるって大事!と気づいた日

幸い、あの大型台風でもなんの被害もなかったものの、はじめて自然災害を身近に感じたことで「私、何も準備してなかったなぁ」と防災を自分のこととして考えるきっかけになりました。

それから少しずつ、防災や備蓄について考えたり調べたりし始めたのですが、

あっ、停電するとあれもこれも、何も使えないんだ・・・

トイレが使えないってピンチすぎる・・・

え?こんなのアウトドア経験がないとできなくない!?

と、事前に用意しておかないとどうにもできないことや、自分ではできないことの多さに驚かされました。

さらに、私は一人暮らし、何かあったらまずは自分で何とかするしかない状況。

こ、これは本当にまずいかも・・・

そこから私の防災ライフがはじまりました。

一人暮らし女性にリアルな防災知識を!

昔、大震災を扱ったドラマの中で「ここではみんな被災者なんだ!」というようなセリフがあったんですが、大地震がきたら本当にそういう状況になるんだろうなと。

台風は数日で過ぎ去りますが、停電したら復旧まで1週間くらいかかることもあるし、大地震なら避難生活はもっと長い期間続きます。

その間、少しでも自分のことは自分で何とかできるように、用意しておきたいなと思いました。

さらに、災害時をリアルにイメージすると女性ならではの悩みっていろいろあるなということにも気づきました。

そこで、

一人暮らしの自分でもできるように、女性だから困ることを解消できるように、自分で調べたり試したりしてみることにしました。

そうするうちにふと、せっかくならそこでわかった知識や体験してみて感じたこと、便利なアイテムなどを伝えていきたいな、と思いました。

一人暮らしの女性って東京には山ほどいますし、もしかしたらどなたかのお役に立てるかもしれないなと。

防災知識というとなんだか堅苦しいイメージですが、内容はしっかりと、でもとっつきやすくお茶を飲みながら楽しく防災や備蓄について知れるような情報発信ができたらいいなと思いました。

そんなわけで、まだまだ作成途中のブログではありますが、このブログが少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました(*_ _)ペコリ