備蓄の水の期限は?いつまで飲める?長持ちでコスパがいい水はこれ

備蓄水の期限

非常時の備蓄食料の中でも特に大事といわれるのが水。

そこでたくさんのペットボトルを買い置きしておくわけですが、ミネラルウォーターにも賞味期限がありますよね。

期限切れにならないように時々買い替えなきゃいけないし、うっかり忘れて未開封のまま賞味期限が切れてしまうこともあったり。

そんな時、あーもったいなぁ、水って賞味期限切れたらいつまで飲めるんだろう?なんて考えたりしますよね。

そこで今回は備蓄するペットボトル水の賞味期限や長期保存に適した水についてお話します。

PICK UP防災のための水の備蓄の豆知識!一人当たりの必要量や収納アイデア

ミネラルウォーターの賞味期限は何年?

ふだんはペットボトルの水を買ってもすぐに飲んでしまうのでミネラルウォーターの賞味期限ってあまり気にすることがないですよね。

でも、よく見ると水のペットボトルにもしっかりと賞味期限が印字されています。

商品にもよりますが、未開封の水のペットボトルの賞味期限は1~3年ほどです。

が!

実はペットボトルの水は賞味期限を過ぎてもしばらくは飲むことができます。

というのも、ペットボトルの水は製造時のろ過や加熱をする工程で水の中の雑菌が取り除かれるからです。

水が傷むのは雑菌のせいなので、雑菌が入っていない水は腐ったり劣化することがありません。

ペットボトルの水の品質が劣化するのは水が空気に触れたり、ペットボトルに口をつけて飲むなどして外側からペットボトルの中に雑菌が入り込んだ場合です。

なので、高温多湿の環境を避けて適切に保管された未開封のペットボトル水なら賞味期限をすぎた水でも問題はなく飲めるし何年でももつと言われています。

ただ、全てのペットボトル水がそうというわけではないので注意が必要です。

ミネラルウォーターの中には殺菌処理をしていない水もあり、そういった商品は賞味期限をすぎると未開封でも雑菌が増えることがあります。

殺菌処理が行われていない水の場合はその旨がボトルなどに必ず表示されています。

次に、ペットボトルの水でもあまりに長い間保管し続けるとペットボトルの外側の臭いが水にうつって水の風味が落ちるということがあります。

また、ペットボトルで保管しているといっても一度開封した水や、水道水を汲みおきした水は日持ちしないので長くても2~3日で使い切る必要があります。

水の賞味期限の表示は何のため?

未開封のペットボトルの水なら賞味期限を過ぎても飲むことができる、ということならば、なぜミネラルウォーターの容器には賞味期限が書かれているのか?

気になりますよね。

そこには実はこういった理由があるんです。

ペットボトルの水の賞味期限の意味

ペットボトルの賞味期限があらわしているのは実は味や品質ではなく、水の量についてなんです。

どういうことか詳しくお話しますね。

ペットボトルの容器には通気性があります。

先ほどペットボトルの水に外側のにおいがついて風味が落ちるとお話しましたがそれも容器に通気性があるためです。

先ほどはペットボトルの外側から内側への影響のお話でしたが、実は内側から外側にも気体が通り抜けます。

ペットボトルは長期間置いておくとほんの少しずつ水が容器を通って蒸発してしまうんです。

そのため、ペットボトル内の水の容量が減ってしまい、ペットボトルの形も潰れて変形してしまいます。

ここがポイントで、日本には「表示した内容量より少ないものを販売すると違反になる」という法律があるんです。

水の品質としては問題ないけど内容量が表示より少なくなると違法、ということでペットボトル水の賞味期限は内容量が少なくなる頃に設定されています。

つまり、ペットボトルの水の賞味期限は他の食品のような品質保持のためではなく、表示された量を確保できる期間ということなんですね。

賞味期限と消費期限の違い

そもそもの話なんですが、賞味期限が設定されている多くの食品は賞味期限が切れてもしばらくは問題なく食べることができます。

それは、「賞味期限=おいしく食べられる期間」だからです。

時々、賞味期限が迫った食品を安売りする訳ありセールなんかがありますが、それはこのためです。

賞味期限が切れてどれくらいもつかは商品によって違いますが、メーカーでは食べられなくなるまでに半年などかなり多めに余裕をもたせています。

一方で、消期限の場合はその日までに食べきらなければいけません。

こちらはその字のとおり「消費できる期限」をあらわしているので、その日を過ぎると傷んでしまい食べられなくなります。

わかりやすいものだと生肉や鮮魚、生クリーム、また、おにぎりやお惣菜、パン、サンドイッチ、生菓子などの加工品です。

備蓄の水でコスパがいいのはこれ

そんなわけで、ペットボトルのミネラルウォーターは賞味期限が切れても飲み水として安全性に問題はないと言われています。

が、さすがに賞味期限が切れてから数年経っているとなんとなく飲みたくないなぁと思ってしまいますよね。

ミネラルウォーターでも賞味期限が切れて数年経つとボトルがボコボコにへこんで変形してくるのでちょっと心配にもなります。

かといって、頻繁に水を買い換えるのは面倒だし金銭的にも大変ですよね。

そんな時におすすめなのが備蓄を目的にした長期保存水です↓

長期保存水は容器に違いがあります。

長期保存水はふつうのペットボトルに比べて容器が厚めにできているので水が蒸発しにくく、長期保存できるようになっています。

また、長期保存水を入れる段ボール箱には紙を厚くしたり、持ち手の部分の切込みを作らないなど外側からの空気が箱の中に入るのを防ぐ工夫がしてあるものもあります。

こうすることで、水に臭いが移って風味が落ちるのを防ぐことができるんですね。

長期保存水はいろいろなメーカーから売り出されていて、賞味期限も5~10年と商品によって違います。

よく知っている商品のほうが安心という人にはサントリーやアサヒなどコンビニなどでもよく見かけるミネラルウォーターのボトルだけ変えて長期保存用になっているものもありますよ↓

長期保存水はふつうのペットボトルの水に比べると値段が割高ですが、備蓄用の水で買い替えが5~10年に一度ですむと考えるとコスパはずっといいです。

さいごに

ペットボトルの水は未開封なら賞味期限が切れてもしばらくは飲めます。

飲むのはちょっと・・・という場合は手や体を洗ったり掃除をしたり、非常時ならトイレを流すなど生活用水としていくらでも使えます。

なので、賞味期限が切れたからといって慌てることはないし、すぐに捨てたらもったいないですよ。

備蓄に必要な水の量や保管の仕方など水の備蓄についてはこちらも参考にどうぞ↓

コメント