備蓄の熱源、防災の非常食といっしょに用意しておくのはこれ!

備蓄熱源

日本では毎年何かしら災害が起こっているのでもしもに備えて非常食の備蓄をしている人は多いですよね。

でも、意外と忘れがちなのが熱源の備蓄です。

実は災害時は備蓄食料がいくらあっても加熱したりお湯がないと食事ができない、なんていうことがあります。

そこで今回は備蓄の熱源の中から食事をとる時に必要なアイテムを紹介しますね。


PICK UP ▼備蓄食料で必要なもの▼
備蓄食料品リスト!災害に備える1週間分の非常食や食品のおすすめ

災害時に備蓄燃料が必要な理由

「備蓄」というと真っ先に思い浮かべるのが水や非常食などの食料、次に生活用品などをそろえることが多いですよね。

一方、備蓄の熱源はというと意外と忘れられがち、というか、頭の片隅にもないということもあるかもしれません。

でも、実は熱源はものすごく重要。

いざ災害が起こると、どんなに備蓄食料を用意していても熱源がないと食べられないものが結構あるんです。

例えば、台風で停電すると電気が使えなくなるので、電子レンジや炊飯器、電気ポットなどが使えなくなります。

それでも、停電だけならガスが使えるのでまだお湯をわかしたり、火を使って料理をすることはできます。

でももし、地震がきて電気もガスも止まってしまったら・・・?

お湯を沸かすことすらできません。

電気やガスが使えなければお湯がわかせないのでカップラーメンやインスタント味噌汁なども食べられません。

お米を炊くこともできないし、お餅を焼いたり煮たりもできません。

大地震が起こると3日~1週間くらいの間は電気、ガス、水道が止まる可能性があります。

その後、徐々に復旧していきますが、「3日~1週間」というのはあくまで目安なので復旧までにそれ以上の時間がかかることもあります。

今までに起きた災害では復旧に1ヵ月以上かかったなんてこともあるくらいです。

このように、非常時は備蓄食料がいくらあっても熱源がないとそれを食べる手段がなくなってしまうんです。

そのため、災害のための備蓄には食料といっしょに必ず熱源を用意しておくことが必要になります。

地震のための備蓄の熱源で食事に必要なのはこれ

「熱源」という言葉の中には暖房器具とか発電機とかいろいろな物が含まれるんですが、今回は食事に必要な熱源についてお話しますね。

地震の備蓄として考える場合の熱源は「それ単体で使用できるもの」というのがポイントになります。

熱源の中には「コンセントにつないで使うもの」「ガス栓につないで使うもの」などもあります。

でも、大地震が起こると電気もガスも使えなくなる可能性があるので、そういったアイテムは役に立ちません。

そこで、備蓄食料といっしょに用意しておくといい熱源がカセットコンロです。

カセットコンロはガスボンベをセットすればそれ単体で使うことができます。

なので、電気とガスがストップしてもお湯を沸かしたり、食品を温めたり、簡単な調理をすることもできます。

調理に使える熱源には七輪やキャンプ道具、石油コンロなど他にも加熱器具はいろいろあるんですが、素人が1番使いやすいのはカセットコンロです。

↑さっき紹介したもののように、カセットコンロは通販で安いものを探すと2,000円ほどで買えるものもありますよ。

また、災害時に使うことを想定するならこういったカセットコンロもおすすめです↓

風を防ぐカバーとバーナーのまわりに防風リングがついているので屋外でも火が消えにくく場所を選ばずに使えるのが特徴です。

あと、

カセットコンロといっしょに必ずガスボンベも用意しておきます↓

カセットコンロのガスボンベは商品やガスの使い方にもよりますが、ボンベ1本で約100分ほど使用可能です。

ガスボンベも備蓄食料と同じで最低で3日分、できれば7日分を用意しておくと安心。

備蓄に必要なカセットボンベの量などはこちらに詳しくまとめています↓

カセットコンロを備蓄!ボンベは何本?保管する時の注意点

もちろん、

発電機を用意できるなら電気が使えるようになるので電子レンジや電気ポット、クッキングヒーター、ホットプレートなんかが使えます。

でも、一人暮らしで発電機を用意して置いておくってなかなか難しいですよね。

なので、熱源の備蓄の第一歩としてはやっぱりカセットコンロとカセットガスが値段も手頃で便利です。

食事を温める便利グッズ

熱源ではないのですが、防災グッズの中には簡単にレトルト食品などを温められるアイテムがあります。

それがこちら↓

専用の袋の中に水と発熱剤、レトルト食品やパックご飯を入れると火を使わずに簡単に加熱できる防災グッズです。

お湯を沸かしたり、調理ができるわけではないので熱源がない時の根本的な解決にはなりませんが、温かい食事をとるのに役立ちますよ。

さいごに

熱源の準備は意外と忘れがちです。

でも、これがないと災害時にお湯すらわかせないことがあるのでせっかくの備蓄食料を食べられないことがあります。

備蓄食料を用意する時はカセットコンロとガスボンベも忘れずに準備しておいてくださいね。

カセットコンロってガス漏れしない?爆発しない?と心配な方は安全に備蓄する方法をこちらにまとめているので参考にどうぞ↓

カセットコンロを災害備蓄する、おすすめや必要な基礎知識
災害時は備蓄食料といっしょにカセットコンロが必要性!安全な保管の仕方や使用の注意点などカセットコンロの基本がこちら。

コメント