非常食のチョコレートで溶けないで長期保存できるおすすめは?

非常食チョコレート

非常食にはチョコレート!というのはよく聞きますよね。

防災だけじゃなく登山でも非常食としてチョコを持ち歩いたりしますし。

でも、どうしてチョコレートが非常食におすすめなのか?と言われるとその理由はよくわからないという人も多いかもしれません。

また、チョコレート商品はいろいろありますが、せっかくなら備蓄に向いているチョコレートを用意しておきたいですよね。

そこで今回は非常食にチョコレートがいい理由や、非常食にするチョコレートのおすすめを紹介します。


PICK UP ▼チョコレート以外に役立つお菓子▼
非常食になるお菓子や甘いもののおすすめは?災害時の備蓄にはこれ!

非常食にチョコをいれておく理由

備蓄の非常食にチョコレートを入れておくといいというのはよく聞きますよね。

でも、たくさんあるお菓子の中でなぜチョコレートがいいのか?というと、チョコレートにはこのようなメリットがあります。

【エネルギー補給ができる】

チョコレートには糖分が含まれていて体の中でエネルギーになるため、簡単にエネルギーを補給できるのがいいところです。

チョコレートは少量でもカロリーが豊富で、板チョコ半分~1枚でご飯1膳と同じかそれ以上のカロリーを摂取できます。

個包装になっていたり、割って小分けにして食べやすいのもメリットです。

【リラックス効果がある】

チョコレートの香りや、チョコレートに含まれるテオブロミンという成分には気持ちを落ち着かせたりリラックスさせる効果があります。

そのため、チョコレートは疲れた体だけでなく気持ちも回復させることができます。

チョコレートの少量でも満足できる甘さもリラックスやリフレッシュには一役買っています。

【賞味期限が長い】

チョコレートはほとんど水分を含まないものが多いためお菓子の中でも賞味期限が長めです。

チョコの中で一番スタンダードな板チョコでも賞味期限が半年〜1年ほどあります。

【持ち運びしやすい】

チョコレートは、板チョコ1枚でおにぎり1個よりカロリーが高いのに、重さはおにぎり1個より軽く、かさばらないのがいいところです。

非常食のチョコレートのおすすめ

防災の非常食に向いているチョコレートにはいくつか特徴があります。

溶けないチョコレート

チョコレートを備蓄として長期保存する時に心配になるのが夏の暑さで溶けるんじゃないか?ということです。

チョコレートが溶けてストックしている備蓄食料がベタベタになるのも困るし、もし夏場に非常食が必要になってもドロドロになったチョコは食べられませんからね。

そこで非常食のチョコレートには溶けないものを選ぶのがポイントになります。

溶けにくいチョコレートとして人気があるのが表面がコーティングされたチョコです。

例えば、スーパーで買えて非常食とてし人気のあるチョコがこれ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マーブルチョコレート 33g×10本入(明治)
価格:1231円(税込、送料別) (2020/10/31時点)

マーブルチョコレートはチョコのまわりを砂糖でコーティングした糖衣チョコレートなので夏でも溶けにくいです。

明治が「夏でも売れるチョコ」として開発しただけあって、真夏でもドロドロに溶けたり形が変わるということがまずありません。

あと、コーティングチョコレートならこちらもおすすめ↓

M&M’sのチョコレートは創業者が戦時下のスペインで兵士たちがシュガーコーティングされたチョコを食べている場面に遭遇したことから、そのアイデアをもとに溶けにくいチョコ作りをはじめアメリカ軍兵士向けに売り出されたのがはじまりです。

なので、エムアンドエムズのチョコも真夏でもまず溶けません。

あと、最近はコンビニで小さい袋のしか見かけないんですが森永ベイクは焼きチョコなので夏でも溶けにくいですよ。

長期保存できるチョコレート

スーパーで売られているチョコレートも賞味期限が半年~1年と長めです。

ですが、備蓄食料としてストックしておくならあまり買い替えをしなくてすむように長期保存できるものがあると便利ですよね。

そこで非常食のチョコレートとしておすすめなのがこのあたり↓

IZAMESHI(イザメシ)からはいろいろな非常食が出ていて、チョコバーもそのラインナップの1つです。

とうもろこし、米、オーツ麦、はと麦、もち麦、5つの穀物が入っているので食べ応えや満足感があります。

非常食ということで溶けにくいチョコレートというのも特徴。

賞味期限は製造日から3年です。

井村屋のえいようかんといえば非常食のお菓子の定番なんですが、なんとそのチョコバージョンがあるんですよ。

あんことチョコをとりあわせたちょっと変わったお菓子で、一応和菓子なんですがカカオマスとココアバターを使ってチョコの風味が楽しめるようになってます。

1本はそんなに大きくないんですが、1つ食べるだけで197kcalのエネルギー補給ができるのも特徴です。

賞味期限は5年です。

チューブ入りのチョコレートは溶け出ることがないし、非常時でも扱いやすいです。

非常食のチューブチョコレートはそのまま食べてもいいし、パンやクラッカーに味付けにも最適、お湯に溶かしてホットチョコレートとして飲むこともできます。

賞味期限は製造日から3年です。

防災の非常食にもなるチョコレート

防災のためのチョコレートというわけではないのですが、非常食としても活躍するチョコがあります。

例えば製菓用のチョコレートです。

クッキーなどに混ぜるチョコチップは比較的暑さに強く、夏に常温で保存してもドロドロに溶けることがありませんでした。

また、非常食として意外と人気があるのがチョコペン↓

そのまま食べてもいいし、パンやクラッカーにつけて食べるのにもいいです。

1つ1つペン型のパックに入っているので夏でも溶け出ることがないのがメリットです。

ただ、寒い季節は湯銭しないと出てこないというのがデメリットではあります。

さいごに

ふだんでも疲れると甘いものが欲しくなるので、何かと大変な災害時はチョコレートの甘さが本当に楽しみの1つになります。

チョコレートは防災だけでなく登山の時なども使われる非常食の定番なので1つは用意しておきたいところです。

チョコ以外にも非常時にのあると役立つお菓子をこちらにまとめているのであわせて参考にしてみてくださいね↓

非常食になるお菓子や甘いもののおすすめは?災害時の備蓄にはこれ!
備蓄食料におすすめのお菓子や甘いものを紹介!非常食に向いている便利な食品や賞味期限が長いお菓子がこちらです。

コメント