小麦粉の保存方法。未開封でもつ期間や開封後に必要な容器

小麦粉の保存方法

小麦粉は主食になる食料品の1つなので備蓄しておくといざという時にとても役立ちます。

ただ、小麦粉は保存方法に気をつけないとすぐに傷んでしまったり、虫やカビのせいで食べられなくなってしまうことも・・・

そこで今回は小麦粉の正しい保存方法や、備蓄する時のポイントを紹介しますね。

PICK UP備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できる食品まとめ

小麦粉の保存期間

小麦粉を備蓄をする時にまず気になるのが保存できる期間ですよね。

いざという時の備えと考えると長期保存できないと困ります。

小麦粉の賞味期限は未開封か開封済みかで大きくが変わってきます。

一般的に「小麦粉」といわれるのは薄力粉のことなんですが、未開封の薄力粉なら賞味期限は約1年です。

その他の中力粉も約1年、強力粉は約6ヶ月になります。

なので、未開封の状態なら小麦粉は1年くらい置いておくことができます。

一方で、小麦粉は開封すると賞味期限がぐっと短くなります。

開封後は薄力粉、中力粉、強力粉、どれも開封したら1~2ヶ月で使い切るのが目安です。

開封した後は袋に記載されている賞味期限に関係なくなるべく早めに使い切るようにします。

小麦粉は保存の仕方

小麦粉は保存方法によっても品質の劣化の仕方が変わってきます。

そこで、小麦粉を保存する時に気をつけることやおすすめの方法を紹介しますね。

小麦粉の保存方法の基本

小麦粉の保存方法は未開封、開封済みに関わらず常温保存が基本です。

日清製粉グループのホームページにも

直射日光があたらず、極端に高温や湿気がたまりやすい場所でなければ、真夏でも常温での保管ができます。 

とあります。

できれば温度20度以下、湿度50%以下の日の当たらない場所で保管するのがいいですね。

小麦粉はキッチンのシンクの下などに保管する人も多いですが、シンクの下は湿気が溜まりやすいので小麦粉の保管には不向き、カビや虫がつく心配があります。

小麦粉の保存に冷蔵庫は不向き

小麦粉の保存では冷蔵庫に入れることをすすめている方法もあります。

ただ、これは失敗すると小麦粉の劣化を早めてしまいます。

冷蔵庫での保管は、結露による固まりやカビの発生、冷蔵庫内のにおいがうつってしまうことがありますので、おすすめはしておりません。(日清製粉グループ)

小麦粉を冷蔵庫に入れることで湿気やダニは予防できる確立が高まります。

ですが、小麦粉を冷蔵庫から出し入れする時に冷蔵庫内と外の温度差で小麦粉の袋の中で結露が起こってしまい、それが原因でカビが生えたり風味が劣化する心配があるんです。

どうしても冷蔵庫で小麦粉を保存したいという時は密閉容器に入れて保管し、使う時は温度差で小麦粉が湿気ないようにすぐに冷蔵庫へ戻すのがポイントです。

小麦粉の保存容器

小麦粉を未開封で保存するならそのまま置いておいても大丈夫です。

ですが、一度開封したら保存容器に入れて保管するようにします。

小麦粉は湿気を吸いやすいため開封するとどんどんしけっていってしまい、カビが生えたり風味の劣化の原因になります。

また、小麦粉はダニなどの虫がつきやすい食品です。

小麦粉につくダニには体長が0.3mmほどの小さくて目に見えないダニもいます。

小麦粉を開封した後、口を折り曲げて輪ゴムなどで留めておくという人もいると思いますが、それだけでは湿気もダニも防げません。

そこで、開封後の小麦粉の保管に役立つのがこういった容器↓

パッキンがついていて密閉できる容器がおすすめです。

小麦粉を保管する時はこういった密閉容器に袋のまま入れておきくことで湿気やダニがつくのを防げます。

タッパーの中に乾燥剤を入れておくとより湿気対策になりますよ。

また、小麦粉を袋ごとジップロックに入れて中の空気を抜いてチャックをし、それをタッパーに入れるとさらに効果的です。

小麦粉の保存はジップロックに入れるだけ、という人もいますが、実はこれだけでは安心できません。

ジップロックの口に隙間ができていると湿気が入ってしまうし、ダニの中にはビニール袋を食い破ることができるやつもいます。

そのため、小麦粉の保管は必ず密閉容器を使うようにします。

小麦粉の備蓄方法

最後に一人暮らしで小麦粉を備蓄する時のポイントを紹介しますね。

小麦粉は小さ目を用意

備蓄食料というとついたくさん入った大容量のものを用意しがち。

でも、ここまでお話してきたように開封した小麦粉はそんなに長持ちしないし、虫やカビなど品質の劣化の心配もあります。

そのため、一人暮らしの備蓄で用意する小麦粉は自分一人で短期間で使い切れる小さめサイズがおすすめです。

お米など他の備蓄食料と組み合わせればそんなに大量の小麦粉は必要ありません。

小麦粉の保存容器も用意

未開封の小麦粉はそのまま置いておいても大丈夫なんですが、災害時に使うことを考えると密閉容器をいっしょに用意しておくと便利です。

被害が大きく避難生活が長引くと状況によってはコバエやゴキブリなど虫がたくさん出てきてしまうこともあります。

開封後の小麦粉を清潔に保つためにも密閉容器はあったほうがいいです。

未開封の小麦粉をそのまま密閉容器に入れて備蓄しておけば余計なスペースはとりませんよ。

ローリングストック

小麦粉の備蓄方法の考え方としては2つあります。

1つはローリングストックという方法です。

ふだん食べている食料品を少し多めに買い置きしておいて、古いものから使ってなくなった分を買い足します。

自炊することが多く、ふだんから小麦粉を使う機会があるなら小麦粉を1袋余分に買っておいてローリングストックしながら使っていくと賞味期限切れの心配がありません。

備蓄食品としてストック

ふだん自炊をしない、自炊はしても小麦粉はほとんど使わないという場合は備蓄用として小麦粉を1つ買って他の非常食といっしょに保管しておきます。

この場合、小麦粉は1年に一度は買い替えが必要なので賞味期限を忘れないようにしてくださいね。

さいごに

小麦粉は主食にできる食品の1つなので、お米やパンなどと組み合わせて備蓄に入れておくといいですね。

小麦粉は水で練って焼いたり煮たいるするだけで食べられるので調理するのもわりと簡単です。

災害時にできる小麦粉を使ったレシピや、小麦粉以外の主食の備蓄食料についてはこちらにまとめているのであわせて参考にしてみてくださいね↓

備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できるのはこれ
備蓄食料の主食に向いている食料品や長期保存に適した非常食、備蓄する時のポイントを紹介!お米を中心に組み合わせる食品はこちらです。

コメント