パックご飯を水で戻すことはできる?防災備蓄ごはんの食べ方の注意点

パックご飯は水で戻せる?

レンジで温めれば簡単に食べられるパックご飯はとても手軽なので防災のための備蓄にしている人も多いですよね。

でもお気づきですか?もし災害時に停電してしまったら電子レンジも使えなくなってしまうんですよ!

そこでふと頭をよぎるのが「パックご飯って水で戻せるのかな?」ということ。

なんかどこかでパックご飯は水で戻せるという話を聞いたことがあるようなないような・・・

そんな方のために、パックご飯は水だけで食べられるようになるのか?の本当のところをお話しますね。

PICK UP備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できる食品まとめ

パックご飯は水で戻せる?

まず、単刀直入に結論から言ってしまうと

パックご飯を水で戻して食べることはできません。

はい、非常に残念なんですが、パックご飯は水をかけただけでは食べられる状態にはなりません。

パックご飯を食べるには必ず過熱が必要になります。

これは保存している時のパックご飯のお米が人の体では消化できない状態になっているためで、加熱することで消化できる状態に変化させるためです。

パックご飯の仕組みについてはこちらに詳しく書いているので参考にどうぞ↓

パックご飯はそのまま食べれる?災害時の食べ方やチンしない調理法

なので、パックご飯は温めないとまずいとかそいういうことではなく、健康上の理由からパックご飯は必ず温めないと食べられないんです。

じゃあお湯をかければ大丈夫?と思うかもしれませんが、残念ながらこれだけでは食べられません。

パックご飯を食べるにはごはんにしっかり熱を加えなければいけないので、電子レンジで温めるか、湯煎したりフライパンで炒めたりしないとダメなんです。

防災の備蓄ご飯で水だけで食べられるもの

そもそもの話なんですが、パックご飯は製造の過程で「乾燥」という工程がないので、お米にはすでに水分が含まれている状態です。

なので、「水で戻す」というのができないというか、もう水分は蓄えているので水を加えても仕方ないんですね。

ちなみに、防災のための非常食で水で戻すことで食べられるようになるご飯はアルファ米か↓

フリーズドライにしたご飯です↓

アルファ米は炊いたお米に高温の温風などを吹きかけて急速に乾燥させたもの、フリーズドライは炊いたお米を急速に冷凍させて乾燥させたものになります。

製造過程でお米から水分を飛ばして乾燥させているため、水を加えることでご飯が水分を吸って食べられる状態に戻るわけです。

これについてはこちらも参考にしてみてくださいね↓

アルファ米とフリーズドライの違い

さいごに

というわけで、パックご飯は水だけでは食べられる状態には戻せません。

なので防災のためにパックご飯を備蓄する際は停電の時でも温められるように電気を使わずに過熱するための道具もいっしょに用意しておくことが大切です。

パックご飯の電子レンジを使わない食べ方はこちらにまとめているので参考にどうぞ↓

パックご飯はそのまま食べれる?災害時の食べ方やチンしない調理法
パックご飯は加熱なしでも食べられるのか?さらに、電子レンジを使わない調理方法を紹介。パックご飯を備蓄する時の必需品はこちらです。

また、大地震なんかだと災害発生直後は火を使って調理する状況ではないと予想されるので、備蓄には水だけで食べられるアルファ米も入れておいたほうが安心ですよ。

アルファ米、お米の鍋での炊き方など、この他の備蓄の主食についてはこちらにまとめています↓

備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できるのはこれ
備蓄食料の主食に向いている食料品や長期保存に適した非常食、備蓄する時のポイントを紹介!お米を中心に組み合わせる食品はこちらです。

コメント