パックご飯はそのまま食べれる?災害時の食べ方やチンしない調理法

パックご飯そのまま

パックご飯はレンジで温めて食べるイメージがありますが、災害時は停電で電気が使えなくなることもありますよね。

備蓄としてパックご飯を用意していてもいざという時に食べられないのでは意味がありません。

そもそも、パックご飯ってそのままでも食べられるものなのか?

そんな疑問もわいてきますよね。

そこで今回はパックご飯は加熱なしで食べられるのかどうかや、電子レンジを使わない調理方法について紹介します。

PICK UP備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できる食品まとめ

パックご飯はそのまま食べれる?

ふだんパックご飯を食べる時は何も考えずレンジでチンして食べるのが当たり前ですよね。

でも、地震や台風で停電になり電気が使えなくなることもあります。

そこで気になるのが、パックご飯はそのまま食べられるのか?ということ。

今うちにあるのは「マルちゃんのあったかごはん」なんですが、

マルちゃんあったかごはん

パックご飯のパッケージを確認してみると「要加熱」「加熱してお召し上がりください」としっかり書かれています。

パックご飯そのまま

「サトウのごはん」など他のパックご飯にもこの表記はあります。

ただ、これだけだとパックご飯を美味しく食べるための食べ方の説明のようにも見えますよね。

「加熱しないと食べられない」とはどこにも書かれていません。

そこで次にパックご飯を販売しているメーカーのホームページをチェックして見ました。

すると、サトウ食品の「よくある質問」のところに

Q.パックご飯は加熱せずに食べることができますか?

A.必ず電子レンジで加熱調理してお召し上がりください。

越後製菓の「よくある質問」でも

Q.パックご飯は加熱せずに食べることはできますか?

A.電子レンジまたは熱湯で加熱調理してお召し上がりください。

という回答がありました。

というわけで、パックご飯はそのまま食べることはできないし、水で戻すこともできません。

パックご飯を加熱しないといけない理由

どうしてパックご飯は加熱調理しないと食べられないのか?

気になったのでさらに調べてみると、これはお米に含まれるデンプンと製造方法が理由だということがわかりました。

お米の主な成分はデンプンで、お米全体の7~8割がデンプンでできています。

デンプンは状態が変化するのが特徴です。

炊く前の生米の時は生デンプンといって、味がまずく硬いので人の体では消化ができない状態です。

でも、加熱することで生デンプンが糊化デンプンとよばれるものになり、柔らかくおいしく、消化もできるようになります。

さらに、炊いたご飯をそのまま置いておくとまた硬くなりますよね。

これは糊化デンプンが生デンプンに近い状態に戻るからで、デンプンはまた硬くまずく消化できない状態になるんです。

で、パックご飯はこの状態で売られています。

炊いたご飯をパック詰めしてそのまま放置している状態です。

どうしてパックご飯は腐らないのか、パックご飯が長期保存できる仕組みはこちらに書いてます↓

パックご飯が長期保存できる仕組み

そのため、パックご飯は食べる前にもう一度加熱して糊化デンプンの状態にしなければいけないんですね。

そういうわけで、

パックご飯をそのまま食べられないのは味の問題ではなく、消化できるできないという健康上の理由で加熱が必要になっています。

ちなみに、

炊いたご飯を急速に乾燥させて糊化デンプンの状態で保存しているのが非常食のアルファ米です。

なのでアルファ米はパックご飯と違い過熱なしで水やお湯を注ぐだけで食べられます。

糊化デンプンのことをアルファデンプンとも呼ぶので「アルファ米」という名前なんです。

パックごはんの災害時の食べ方は?

パックご飯を防災のために備蓄しようと考えてる人もいると思います。

でも、停電したら電子レンジは使えないし、加熱しないと食べられないなら災害時にパックご飯を食べるにはどうすればいいのか?

災害時にできるパックご飯の電子レンジを使わない調理方法はこの4つです↓

①お鍋でお湯を沸かして熱湯でパックごと約15分ほど湯煎

②加熱袋に発熱体を入れて温める防災グッズに入れてパックごと温める

③パックご飯の中身を耐熱袋に入れて空気を抜いて口を縛り、鍋に入れて10分以上加熱

④パックご飯をそのまま加熱調理する

パックご飯を湯煎するときの注意点

パックご飯の湯煎の仕方は商品のパッケージに詳しい説明が載っています。

パックご飯そのまま

湯煎で温める時の注意点としては、パックご飯を2個以上同時に温める時は破裂する恐れがあるので重ねて加熱ができないということ。

なので、相当大きなお鍋を用意するか、1つ1つ順番に湯煎しなきゃいけないので時間がかかります。

一人暮らしなら1回に1個しか温めないと思いますが念のため。

火がなくても加熱調理できる防災グッズ

加熱袋に発熱体を入れて調理するグッズというのはこういう防災アイテムです↓

確かにこれがあれば水だけでレトルト食品を温めることができるので災害時には役に立ちそうです。

なので、非常時でも温かいご飯を食べるために備えておきたいというならあってもいいかもしれません。

ただ、パックご飯を食べるためだけにこれを用意しておく必要があるか?と言われると、パックご飯にこだわらずアルファ米とかの方がいいんじゃないかなと私は思います。

パックご飯を備蓄といっしょに用意するもの

なので災害時にパックご飯をチンしないで食べるとしたら湯煎するか加熱調理するかが現実的です。

そこでパックご飯を備蓄する時にいっしょに必要院あるのがカセットコンロ!

大地震の時は家のガスコンロが壊れたり、ガス漏れの心配があるのでガスが使えなくなることがあります。

だからパックご飯に関わらず、防災のための備蓄では非常食といっしょにカセットコンロを用意しておくように言われています。

パックご飯を少量の水で戻す方法

パックご飯の停電時の食べ方の中で一番簡単で短時間でできる方法を紹介しますね。

先ほど紹介した4つのやり方の中では④になるんですが、その中でも特に簡単な方法がこちら↓

パックご飯を鍋にあけ、水30mlを加えてスプーンなどでほぐす
(ペットボトルのキャップ4杯分です)

鍋にフタをして中火で加熱、チリチリと音がしてきたら弱火にする

3分くらい加熱したら焦げ付きや温めムラをなくすために一度かきまぜ、さらに2分ほど加熱

全体が温まりお米が柔らかくなっていれば完成

災害時は水はとても貴重なので少量の水でできるこの方法はとても助かります。

湯煎するよりも加熱する時間も短くできるのでカセットコンロのガスの節約にもなりますよ。

その他にもサトウのごはんのホームページに電子レンジ以外で調理する方法として

「炒めてチャーハンにしたり、水を足して煮ておかゆや雑炊にすることもできます。」

とあるので、パックご飯をそのまま使ったレシピとして雑炊やチャーハン、リゾット、おかゆを作るのもありです。

パックご飯のアレンジ料理は味付けすることでレトルトご飯独特の味や臭いが気にならなくなるのもメリットですよ。

パックご飯はそのままお茶漬けで食べられる?

熱を通せばいいのならパックご飯に沸かしたお湯をかけてそのままお茶漬けにして食べることもできるのか?

なんて考えるかもしれませんが、残念ながらこれはできません。

加熱していないパックご飯はかなり硬いです。

パックご飯を湯煎で温める場合も食べられる状態にするのに熱湯で15分かかります。

なのでパックご飯はただお湯をかけただけでは食べられるようにはなりません。

そのままのパックご飯を調理する場合は鍋やフライパンを使って火で炒めたり煮たりして料理しないと食べられないです。

さいごに

こうやって見てくると、災害時にパックご飯を食べるってなんか大変そう・・・って思いますよね。

実はパックご飯は非常食として作られたものじゃないんですよ、パックご飯は単純に「レンジでチンすれば食べられる」という便利さを求めた商品です。

だからパックご飯を非常時に食べようと思うとちょっと手間がかかります。

それでもパックご飯はふだん食べているご飯に近いというメリットはあます。

が、煮炊きしなきゃ食べられないので災害が起こった直後は水だけでも食べられるアルファ米も用意しておいたほうが安心ですね。

おすすめのパックご飯や、アルファ米、お米の鍋での炊き方など、この他の備蓄の主食についてはこちらにまとめています↓

備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できるのはこれ
備蓄食料の主食に向いている食料品や長期保存に適した非常食、備蓄する時のポイントを紹介!お米を中心に組み合わせる食品はこちらです。

コメント

  1. トム より:

    パックご飯はレジスタントスターチの宝庫です。
    ダイエットには温めずにそのまま食べるのが一番。
    言ってみればごく普通の冷やご飯ですからお腹を壊すことはありませんし、味もそこまで悪くありません。
    製造時に一旦普通に炊いているサトウのご飯は、単なる冷やご飯ですからそのままで普通に美味しいです。

    • 花(はな) 花(はな) より:

      トムさん

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通り、炊いて冷やしたご飯なので最悪いざとなったらそのままでも食べられなくはないのだと思います。

      ただ、消化能力は人それぞれですので安心して食べるにはメーカーが推奨するように温めた方がいいのかなと思っています。特に災害時は体が弱るので。

      あと、好みですが、やっぱり私は冷えたまま食べるより温めて食べた方が美味しいと思いました。