アルファ米大量まとめ買い通販おすすめは?送料無料のセットがこちら

アルファ米大量まとめ買い

いざという時に備えて水だけでお米が食べられるアルファ米を備蓄しておこうという人は多いですよね。

今は白飯だけでなくいろいろな味付けのアルファ米があるし、好きなものを1個ずつ買うこともできます。

が、真剣に災害時に非常食だけで何日も過ごすことを考えるとそんなちまちま買い物をしていても全然足りない!

一人暮らしでも1日3食アルファ米を食べるとしたら1週間で21食分、長期間の避難生活を考えるともっと必要になりますからね。

そこで便利なのがアルファ米をまとめ買いできる大容量のセットです。

まとめて買ったほうが手間も省けるし、単品で買うより値段がちょっとお得になったり送料が無料になったりもしますよ。

PICK UP備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できる食品まとめ

アルファ米白飯のまとめ買いならこれ!

アルファ米にもいろいろありますが、長期間を非常食でしのぐとなると一番役に立つのがシンプルな白飯タイプのアルファ米です。

味付けしてあるアルファ米は味付けが濃くて飽きてしまうこともあるし、アルファ米の他におかずになる缶詰やレトルト食品を備蓄しておくことが多いので白飯が一番あわせやすいですよね。

白飯のアルファ米のまとめ買いだとこのあたりがおすすめ↓

アルファ米の中でも有名な尾西のアルファ米の白飯50食セットで、送料無料です。

一人なら1日3食アルファ米を食べても2週間ちょっともつし、ふつうのお米や缶詰パンなど主食になる他の非常食とあわせて備蓄しておけばだいぶ長くしのぐことができます。

一人暮らしだと「アルファ米50食もいるかな?」と悩むところですが、このセットを購入された方の口コミを見ていると

台風で地域一帯が停電してしまったことあがり、その経験から大容量のセットを購入しました
台風の被害が大きいと停電がすぐに復旧しないこともあるのでしばらくの間しのげるように備えておきます

といった声もあります。

大地震の時はもちろん、台風なんかで停電しても電気の復旧に2週間以上かかるということもあります。

備蓄食料は少なすぎて困ることはあっても、多く備えて失敗するということはないですからね(期限切れ間近になって入れ替えの時に食べきるのがちょっと大変といえば大変ですが)。

収納場所があったり、念には念をという時にはこちらのセットもおすすめです↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レスキューライス 7年保存 白米 【100食入】
価格:26524円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)

こちらはアルファ米白飯100色セット、送料無料です。

先ほどの尾西のアルファ米50食セットを2つ買うよりもお値段はちょっとだけ高くなります。

が、こちらのレスキューライスのいいところは保存期間が7年と超長期間の保存ができることです(尾西のアルファ米は保存期間5年です)。

買い替えの頻度を減らせるので長い目で見ればお得です。

味付けアルファ米大容量セットならこれ!

ただ、アルファ米の白ご飯は人によっては「味がまずい」「においが気になる」ということもあります。

そんな時はちょっとだけ味のついたアルファ米がおすすめです。

尾西のアルファ米は味付けタイプでも50食セットで買えるものがありますよ。

毎日食べると考えるとわかめご飯やお赤飯など味はついてるけどシンプルなもののほうが飽きずに食べられます。

一人暮らしで収納スペースがない場合

ここまでアルファ米をいっきにまとめ買いするのに便利なものを紹介してきたんですが、アルファ米50~100食を備えておけるのは広い収納場所がある場合です。

私がこれまで一人暮らししてきた部屋は6畳くらいの1Kと特別広い家ではなかったんですが、なぜか一軒家の押入れサイズのクローゼットがあったり、ウォークインクローゼットがあったりと収納スペースは結構あったんですよね。

なので、一人暮らしでもアルファ米の大量まとめ買いというのもありでした。

ただ、東京の賃貸の部屋だと収納スペースがほとんどなかったり、ワンルームで部屋自体が狭いということもあります。

そうなると、アルファ米だけ大量に備蓄するのはあまり現実的ではないことも・・・

というのも、まず、アルファ米を食べるには水が必要になるので、途中で給水が始まるかもしれないけど、水の備蓄もそれなりに必要になります。

それに、毎日毎日ご飯だけ食べ続けるってきついですよね。

もちろん、いざ災害が起こって支援がなかなかこなければ食べるものがあるだけでありがたいとなるんですが、それでも、白飯だけを食べ続けるって嫌になりますよね。

栄養面のことも考えて缶詰やレトルトのおかずをいっしょに備蓄しておくのがふつうです。

そう考えるとアルファ米50~100食の他に水とおかずになる非常食を買い置きしておくことになるので、備蓄しておくのにかなりのスペースが必要になります。

収納がない一人暮らしの部屋でアルファ米だけを大量に用意するというのは備蓄内容のバランスが悪いです。

なので一人暮らしであんまり収納スペースがない時はこういうセットのほうがいいかもしれません↓

1週間分ですが、アルファ米の他に缶詰パンやスープ、ちょっとした甘いものなどいろいろな非常食が組み合わさっています。

アルファ米だけ大量に揃えておくのと、いろんな種類の非常食を1週間分備えておくのとどちらがいいかと言われるとそれは人それぞれ違ってくるんですが、

ふだんなんでも好きなように食べられる人がいきなり毎食お米だけで1ヵ月過ごすというのは無理だと思うので、自分が食べやすいものを備蓄しておくというほうが現実的だと思います。

さいごに

アルファ米は単品を1つずつ買うよりもまとめ買いをしたほうが総額が安くなったり送料無料になるのでちょっとお得になります。

ただ、非常食はふだん食べてる食事とは別物なのでいざ食べてみたら味が苦手で食べられないなんてこともあるので、できれば大量にまとめ買いをする前にまず少ない量のものを買って試食をしてみたほうがいいです。

いろんな味のアルファ米の試食にはこういったセットがおすすめですよ↓

アルファ米に関する記事や、パックご飯、お米の鍋での炊き方など、この他の備蓄の主食についてはこちらにまとめています↓
備蓄食品の主食!エネルギーと炭水化物が確保できるのはこれ

コメント